洒落にならないほど怖い話

【洒落怖】電波タクシー

電波タクシー

以前勤めてた会社で九州に出張行ったときのことなんだけど、
泊まってたホテルの近くの繁華街に、夕食を兼ねて一人で飲みに出かけたんよ。
で、その帰り。

ほどほどに酔っ払ったから、ホテルに帰ろうとタクシー拾って、2~3分乗ったところでおかしなことに気づいた。
なんかタクシーの運転手がずっと小声でブツブツ言ってるのね。

最初はこっちに話しかけてるのかなと思ったんだけど、面倒だから聞き流してた。
でもよく聞いてみると、どうも独り言で訳のわからないこと言ってる。
よく覚えてないんだけど、なんか階段を上がったら危ないだとか、電池が切れるから直進(?)するとか。

すまん、自分が説明するとなんか意味ありげだけど、本当に意味不明の内容だったんだ。
そんなんだから、うわーこの運転手ソッチ系の病気の人だよとか思いながら、でも乗っちゃったしとりあえず道も間違えてないようだったから、そのまま乗ってた。

そんなに遠いところじゃなかったから、ホテルにもすぐ到着。
お金を払う段階で変な対応されたらどうしようとか思ってたけど、そのときだけは何事もなかったかのように、正常な人と変わらないやり取りだった。

ちょっとまじまじと顔を見ちゃったけど、いたって普通だったし。
タクシーから俺が降りると、そのままタクシーはドアを閉めて走っていったんだけど、ヤバいことに気づいたのはそのとき。

ウィンドウごしにタクシーの中を見ると、さっきまで俺が座ってた横(つまり運転席の真後ろの後部座席)に、中年の女の人が乗ってるんだ。
さっきまで俺しか乗ってなかったんだから、誰もいるはずないのに。

なんか主婦が久々のお出かけのために似合ってないスーツ着た、って感じの格好だった。
顔はすごい無表情。

そいつがずっと、運転席の方を向いたまま座ってたんだ。
一気に酔いが冷めて鳥肌立った。

怖くてその日は電気つけっぱなしで風呂にも入らず寝たけど、結局その後はなにもなかった。
でも未だにあれがなんだったのか分からない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。