洒落にならないほど怖い話

【洒落怖】開けてよー

開けてよー

わたしが母方の田舎にかえったとき良く遊んでいたサキちゃんという女の子がいたのですが・・
当時小2の夏休みでした実家の裏山でいっしょに遊んでいるときにいたずら心からか山中の空き地に放置されていた冷蔵庫にサキちゃんを閉じ込めてしまったのです

子供の頃は好きな子に逆にいたずらとかをして気を引こうとしてしまうそんな行為からでした・・・
すぐに冷蔵庫をあけてあげるつもりでした、ところが一度しまってしまった
冷蔵庫はわたしがどんなに引っ張っても開かなかったのです・・・そこで事の重大さに気づきました
わたしは「開けてよー開けてよー」と泣き叫ぶサキちゃんを後にその場を立ち去ってしまったのです・・・

もちろん親を助けに呼ぶためでした・・・
しかし、いざ家に着くとこのことを話せば酷くしかられるのでは・・・
そう思った私はなかなか言えずにいました、
そして昼食を出されたときわたしの記憶からそのことがすっかりと抜け落ちてしまったのです・・・
昼食後私は眠気に襲われそのまま眠ってしまいました

気がつくと父親がものすごい形相で私を起こしていました

「おい、お前サキちゃんを知らないか!?」

それを聴いた瞬間私は体中が一瞬で冷たくなっていくのを感じ
とっさに「知らない」と返事をしていました

あたりはすでに夕暮れでした・・・
「まさか・・まだあの冷蔵庫の中に・・・」
その夜、捜索隊など地元の人たちが総出で山中を探したそうですが
未だにサキちゃんはみつかっていません

捜索隊が出たなら冷蔵庫も発見されて中も調べられているはず・・・
それでも見つからないのはきっとサキちゃんはどうにかして冷蔵庫からは出れたんだ・・・
その後山の中で迷ったのか誘拐されたか・・・・
きっとそうだとわたしは自分に思い込ませています・・・

ですが今でも冷蔵庫だけでなく・・・
戸棚やドアを閉めるたびにサキちゃんの
「開けてよー開けてよー」という声が聞こえてくる気がするのです・・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。