洒落にならないほど怖い話

【洒落怖】遮断機の無い踏み切り

遮断機の無い踏み切り

高校の恩師、K先生が語った話。

大学時代、先生が住んでいたボロアパートの近くに、遮断機の無い踏み切りがあった。

ある日、遊びに来た友人達を家まで案内して、踏み切りの近くを通った。
すると、友人の一人、Aが「ココは地縛霊がいる、踏み切りで自殺した女が、犠牲者を待っている」と言い出した。

Aは、よく冗談を言うお調子者だったし、今も顔がニヤけている。
先生の知る限り、そんな事故は無かったから「バカな話は止めろ」と窘めた。
でも、Aは続けて「本当だって、あの線路脇に右手の無い女が立っている」と、その場所を指差した。
「あそこだって!」

次の瞬間、先生たちの目の前で、Aの伸ばした右腕がボキンと折れた。
その後は大騒ぎ。
先生も友人も、当のAも腕をブラブラさせながらそこから走って逃げた。

その後、Aは無事回復したんだけど、電車や線路を見るとたまらなく嫌な気分になるそうで、車でしか移動しない人になったそうです。

その踏み切りに、なにか因縁があったかどうかは知らない。と、先生は笑っておりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。