洒落にならないほど怖い話

【洒落怖】逗子のお化けトンネル

逗子のお化けトンネル

神奈川県の逗子にある通称お化けトンネルの話。

ある主婦が買い物帰りに、いつも通るそのトンネルにさしかかったのだが、今日に限って妙に怖い。

一人で通るのが怖くてしばらくトンネルの前で立ちすくんでいるとおまわりさんが。
「どうしました?」
主婦は「何だか一人で通るのがこわくて・・」
と苦笑いをしながら事情を説明した。

親切なおまわりさんは、
「なんだ、それなら僕と一緒に行きましょう」
と、怖がる主婦と手をつないでトンネルを通る事にした。

主婦はお礼を言って、安心して歩き出した。
親切なおまわりさんは、「こわいでしょうから。」
と、壁側を。主婦の半歩位後ろを手をしっかり握って歩いてくれていた。

「いつも通ってるのにおかしいですよね。」
「いや、そんな事ないですよ。大丈夫ですよ。」
と、他愛の無い会話を交わしながらトンネル内をあるいていたのだが、トンネルの中央付近に差し掛かった所で、ふとおまわりさんが立ち止まった。

話し掛けてもおまわりさんの返事がない。
「おまわりさん?」
手を引っ張っても動こうとしないおまわりさん。
主婦が不審に思って振り返ると、おまわりさんの姿はなく、壁から生えた様な一本の手を握っていたそうです。

主婦は慌てて逃げたそうですが、おまわりさんどうなっちゃったんだろ?
聞いた話しですが、多分この辺りでは有名な話しなんじゃないかと・・。
あんま怖くないね。スンマセン。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。