洒落にならないほど怖い話

【洒落怖】深夜の入浴

深夜の入浴

ついつい最近のお話。
その日、仕事関係の飲み会が終わって深夜に帰宅した。
次の日が休みでゆっくりと時間が取れるので、深夜にもかかわらず湯船に湯を張って入ることにした。
時間は二時前後。

小説を持って湯船に入り三十分程して頭を洗った。
ふと右側に気配を感じシャンプーの付いたまま湯船の方を振り向いた。

いた。
顔が不自然に長い痩せこけた女。

声を出そうにもビビッて出せない。
シャワーの音だけが浴室に響く。
怖い。目を背けようにも首が動かない。
横を向いていた女の首がだんだんとこっちを向き始めている。

ヤバイ。
心の中でひたすらにお経を唱えた。
全然効いてない様だ。悪寒が走る。

その時、隣の家の犬が吠えた。
女はゆっくりと消えていった。
それこそ、本当に恨めしそうな表情を浮かべて。

それ以来、どんなに汚れていても深夜に風呂に入る事はなくなった。
つい、十日程前の話。泣

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。