洒落にならないほど怖い話

【洒落怖】夢に出る祖母

夢に出る祖母

母がこのごろ死んだ祖母の夢をよく見るらしい。
どんな夢なのかは教えてくれないが
「なんだろ・・・母さんはあたしのことを連れていくつもりなのかもしれない。」
こんなことを言う。

ある夜、急に目が覚めて母のことが気になった。
母の部屋へそっと入ると、寝ている母の上に祖母が正座で乗り、母をじっと見下ろしていた。
祖母は母をつれていくつもりだ。
祖母に近づき「どうして?」と聞くと祖母は悲しそうな顔で
「ごめんね、ごめんね。寂しいのよ。ごめんね。」といい消えた。

母を起こし祖母のことを話すと
「そう・・・母さんは寂しがり屋だからね。うん・・そうか。」
私は母の様子を見て不安になり「行かないでね。」というと母は曖昧に頷いた。

それ以来、母から祖母の夢の話は聞かないが、あの曖昧な頷きを見た私は今でも不安でしょうがない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。