洒落にならないほど怖い話

【洒落怖】ままごと

ままごと

父の転勤で田舎に行ってたときの事で、もう20年くらい前の話。

もの凄く人懐っこい農家の娘さんと友達になり、良く遊んでた。
ある時その子の家に行って、ままごとをする事になった。
刃のなくなったフルーツナイフとか欠けたお皿等、家庭用品の廃品を道具に遊んでた。

クズ野菜の端とか、葉っぱの切ったのとかで遊んでる最中に、
「ハイ、ジュースどうぞ。」
って、お母さん役の友達が、綺麗な緑色の水をコップに入れて出してきた。

「綺麗な色だね~、本当に飲めそう。飲んでも大丈夫かな?」
って聞いたら、
「ん~、おばあちゃんはダメだったよ。年寄りだったからかな。子供には関係ないって、お父さんは言ってたけど。」
と答えた。

コップを口まで持って行ったら、何とも臭くてとても飲めなかったんで、結局飲まなかった。
中学生になってから知ったんだけど、そこのおばあさんは農薬の中毒症状で死んでた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。