洒落にならないほど怖い話

【洒落怖】ねじれた女

ねじれた女

自宅のトイレにデカい窓がある。ちょうどトイレの床から1mくらいのところに。
トイレの匂いを出す為に、いつも10cmほど開けっ放し。
ま、自宅代わりに借りてるビルの5階だからいいんだけど。

3年前、真夜中に帰宅した俺はトイレでゲェゲェ吐いてた。
俺は飲酒時にはすぐに気分が悪くなるが酔っ払った事はない。
嘔吐も一段落して、俺は便座にもたれ掛かったまま、ふと窓を見上げた。
窓は開いていなかった。
いや、隙間に変な白いモノが詰まっていただけだ。
よく見てみると、それはヒモ状に伸びた白い細い、ねじれた女だった。
それがひしゃげた顔して何かを喚いていた。

「ジ、ジジジ、ジジジ、ジッフフフ、ジジジジアアアア」

俺はそのまま後ろに倒れこみ、四つん這いのままトイレから脱出。
ヒィヒィ息を荒げたまま自分の部屋に逃げ込んで、TVの音量を上げて友人に電話をかけまくった。
あれ以来トイレの窓は防犯用のロックでしっかり固定して、締め切ってるよ。
幽霊ってしゃべれるんだな、って思った出来事だったよちくしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。