洒落にならないほど怖い話

【洒落怖】おかっぱの女の子

おかっぱの女の子

俺が体験した怖い話
もう15年前。大学生の頃、バーでのバイトあがりの帰りの車でのこと。
深夜2時過ぎ。池袋から自宅までいつものコースで20分の家路をいそいでた。

体が疲れてたため、FMから流れてくる音楽をボーっと聞きながら、ガラガラの道を快調に奔っていた。
途中大通りからショートカットをかねて某神社前を左折。
1車線の道に入ったとき
「何で・・・」と女の声。

車はもちろん俺一人。あれ?空耳?と思いラジオの音を小さく絞った。
「・・・・」しんと静まりかえった車内は低いエンジン音のみで、他は何も聞こえない。。

心霊信じない俺は、気に留めず、そのまま京浜東北線の某寂れた駅前を抜けようと車を進めた。
そのとき、ふと視線を感じた。
俺は不意にバックミラーをチラッと見た。

すると後部座席におかっぱの女の子の顔が見え、しかもこっちを見ている。
一瞬だった。
すぐ前をみて、またバックミラーみたがいない。
そして後部座席を見たが誰もいない。
なぜか怖くはなかったが、ただその顔が忘れられずにいた。

何日かして、朝、大学行く前に家のポストから新聞を出した。
そのとき、週一発行の区のローカル新聞を普段全く見ないのになぜか気になり、ページをめくった。
ゾクっとした。

俺が見たおかっぱの女の子がいて、その時と同じ顔で俺を見ている。
その記事には中学生の女の子かいじめを苦に自殺と書いてあった。

その日は俺が見た日で、時間は深夜1時すぎ。
俺が車で通った某駅前のスーパーからの飛び降りだった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。